チョコフレーク森永が生産中止発表。チョコフレークは通販可能?2019年春以降生産は日清シスコのみに。

チョコフレーク森永が生産中止発表。チョコフレークは通販可能?2019年春以降生産は日清シスコのみに。

チョコフレーク好きの皆さんにとっては悲しいニュースです。

もちろん、チョコレート好きである、チョコフレーク好きな
私もショックです。

森永チョコフレークが2019年に生産中止になりました。

【悲報】森永チョコフレークが生産中止

大手菓子メーカーの森永製菓は28日、プレスリリースを公式サイトで発表。
人気チョコレート菓子「チョコフレーク」の生産、販売を終了すると発表した。

国内の生産拠点の再編に伴い、商品を製造している千葉県野田市の子会社工場を19年12月に閉鎖するため19年に生産を終える予定。
同工場で製造中の「ポテロング」は栃木県小山工場に移管して製造を続ける予定。

「チョコフレーク」はチョコとコーンフレークを組み合わせた菓子で1967年に販売を開始。
同社の人気商品となった。

「チョコフレーク」は森永の他に日清食品グループの日清シスコが製造している。

引用:スポニチアネックス

生産中止が決定した理由は?

生産拠点である子会社「森永スナック食品」の千葉県野田市の工場を来年末に閉鎖するのに伴う措置。

主な理由は工場閉鎖に伴うものですが、その他にも身近なあるものが関係しているようです。

原因はスマホの影響も

チョコフレークは1967年発売のロングセラー。
森永製菓の広報担当者によると、カカオ分の高いチョコレート人気や、スマートフォンの普及に伴って手にチョコがつきやすいことが敬遠され、ここ数年は販売不振が続いていた。

おやつタイムもスマホを手放せない、
現代の若者の影響もあるのかもしれませんね。

いつまで森永チョコフレークは購入できるの?

森永製菓によると、
「商品を製造している千葉県野田市の子会社工場を19年12月に閉鎖」と
発表していますが、
早ければ「2019年春」にも生産中止という情報も出ています。

生産中止になる前に購入しなくては!



森永チョコフレークはネットで購入できるの?

生産中止が発表された、
2018年9月28日時点では、通販での購入は可能でした。

まだ、多数の店舗での扱いがあるようです。

以前の、ポテトチップスの品薄のような状況になるのも
時間の問題かもしれませんね。

楽天市場も現在は在庫がありましたが、他の大手サイトのように売り切れるかもしれません。

フリマアプリで高額販売(転売)なんてことも
起きかねない状況な気がします。



まとめ

2019年以降は日清一社の販売になってしまうようです。

子どもの頃からあった商品がなくなるのは、
何だか寂しいですね。

ネット検索したところ、楽天では販売していましたが、
Amazonでは売り切れているところもありました。

高額転売等悪用されないことを祈るばかりです。

最大50%OFF!会員限定アウトレット商品有り♪【ロッテ オンラインショップ】